リモートセンシングデータ解析プラットフォーム
- 合成開口レーダー(SAR) -
Sigma-SAR Cloud Platform -SSCP-
Sign in
( Member only )

SSCPとは

地球観測衛星データ解析クラウドサービス

Sigma-SAR Cloud Platform(SSCP)は、地球観測衛星データの解析環境を提供するクラウドサービスです。地球観測データの中でも、昼夜天候を問わずレーダー観測が可能で高い有用性を備えた合成開口レーダー(SAR)のデータ解析をサポートします。

地表の動きを可視化  - 干渉解析 -

登録したSARデータの中から選ばれた2時期のデータで干渉解析を行い、2時期の間に起こった地表の変動を表す干渉画像を生成します。長期のデータを定期的に干渉解析することで、微細な地殻変動の兆候を知ることができます。

ALOS-2/PALSAR-2 胆振地震
Analyzed by Sigma-SAR, SAR DATA © JAXA

地表の特徴を捉える  - 振幅画像 -

SARデータの画像化を行います。独自のノイズ除去技術を用い緻密で高精細な振幅画像を生成します。モザイク画像生成や時系列画像作成等にも対応しています。また、画像の場所から緯度・経度の抽出を行うことも可能です。

ASNARO-2 横浜
Analyzed by Sigma-SAR, Original Image © NEC Corporation

SSCPの特長

高精度なSARデータ解析をクラウドで手軽に始められます

豊富なセンサー対応
国内外の多彩なSARセンサーのデータに対応。対応センサーは順次増えます。
地図表示
解析結果は地図と重ね合わせて表示、直感的に理解しやすく解釈が容易です。
解析結果の活用
他のシステムで利用できるフォーマットで解析画像の書き出しができます。(JPEG / PNG / GeoTIFF)
クラウド環境
解析実行環境やデータ保管場所はすべてクラウド上に用意されています。
サブスクリプション
用途に合わせたディスク容量や解析回数を選んで、月単位で使い始めることができます。
マルチデバイス対応
PCだけでなく、スマホや、タブレットからでも解析操作や結果の閲覧が可能です。

SSCPの操作フロー

[データ登録 → 解析ジョブ登録 → 解析結果確認]の簡単3ステップ

ダッシュボード

Dashboard

衛星データの管理

Data Management

解析ジョブの実行

Analysis Job Management

解析結果の表示・
ダウンロード

Analysis Results Output

Sigma-SAR研究所

地球観測センサー「合成開口レーダー(SAR)」データの総合ソリューションをご提供

SARデータ解析のクラウドプラットフォーム"SSCP (Sigma-SAR Cloud Platform)"はSigma-SAR研究所によって開発・運営されています。Sigma-SAR研究所はSAR(合成開口レーダー:Synthetic Aperture Radar)の普及と有効利活用のためのソリューション提供を目的に2018年11月に設立されました。

お問い合わせ

SSCPのご利用申し込み、試用やデモのご依頼、協業のご提案、その他お問い合わせ

 info@sigma-sar.com